黒い色素の悩みを解消

女性

機器の性能が異なる

目立つ黒い色素沈着となるシミを薄くしたり、取り除く目的のため、美容整形による施術が悩める方々に提供されています。通常、美白化粧品などのドクターズコスメなどによるシミ予防が提案されていますが、皮膚表面に現れている場合にはレーザーによる整形法が利用されています。ここでの注意点として、波長やパルス幅が変化するレーザーでは、症状へのアプローチや副作用の程度が異なる場合がある点を挙げることができます。例えば、光の長さとなる波長は、短ければ皮膚表面に作用し、長ければ皮膚深部に作用するのが特徴です。整形外科クリニックにおいて、複数の種類のレーザー機が導入されているため、機種によって異なる波長で展開されます。注意したいのが、シミに特化した波長を選択することにあり、メラニンなどの黒の色素沈着に反応する波長が有効性を持っています。また、レーザー光の照射時間となるパルス幅では、幅が短ければ深い位置のシミに対して威力も増します。通常、レーザーによる整形法では、メラニン以外の部分に光が広がらないため、パルス幅をナノ秒単位でコントロールできるレーザーを用いることが適しているため、選択の提案に注意する必要が挙げられています。

浅い深い色素に作用する

美白化粧品や色素沈着に効果的な成分を浸透させる美容ケアと異なり、数回の施術でシミを解消できるのが整形法による施術です。エイジングサインが現れる前からの予防に励むよりも、費用を掛けずに悩みから解消できる点でも人気となる施術です。特に整形外科において、医療用となる光機器で黒色素にアタックしてくれるため、直ぐに効果を感じやすい魅力があります。従来の光機器の多くは、黄色人種の肌に対しての効果が出にくい難点があるものの、肌色に着目しているため、シミにダメージを与えながらも、肌に不要なダメージを与えない優れた効果を得ることができることから、化粧品などの肌刺激に敏感な女性にも人気を集めています。さらに、技術力を必要とする皮膚表面の薄いシミにも効果的で、紫外線や日焼け、加齢による色素沈着など、幅広い原因に働きかけてくれます。また、光機器による整形法が人気を呼んでいる理由としては、浅い・深いなどの混在した黒色素に同時にアプローチするだけではなく、光の波長によって、真皮層のコラーゲンの産生を促進させてくれます。この結果、レーザーには真似できないハリのある肌へと導くなど、美肌までも手に入れることができ、キレイな肌が甦るとエイジング目的でも支持されています。

老人性色素斑は若い人にも

顔の手入れ

シミのうち、加齢によってできるものを老人性色素斑といいます。これはもともとの原因が紫外線なので、30代前後の若い人でもできることがあります。このシミはレーザーによる整形施術で取り除いたり薄くしたりできますが、まずはUVクリームなどで紫外線対策をしっかりしておくことが大切です。

30代前後に多い肝斑には

先生

30代から40代の女性に多くみられる、ほおのあたりに左右対称にできるシミを肝斑といいます。これまでは老人性色素斑と違ってレーザーによる整形ができず、内服薬による治療が主な方法でした。しかし、新しい機器と術式によって、レーザーでもこのタイプのシミを整形治療することができるようになっています。

お肌の大敵を退治する

先生

シミの主な原因は紫外線で、細胞の新陳代謝では取り除けないほどのメラニン色素がそのまま沈着してしまったことによるものです。これを取り除くには、美容整形術によるレーザー治療などが有効とされています。肝斑という紫外線以外の原因でできるシミにも効果が期待できます。

美しい肌を保つために

顔

老化とともに目立ってくるシミを取り除く方法として人気のある整形には、レーザー治療と光治療があります。いずれも一長一短があるため、自身のシミの状態を見極めたうえで、目的に合った治療法を選ぶことが肝心となります。