お肌の大敵を退治する

主な原因は紫外線

先生

シミは深刻な肌トラブルの1つですが、その主たる原因が紫外線にあることはよく知られているところです。強い紫外線は活性酸素を発生させて細胞の老化を早めるなど、人体にとって有害です。そのため、紫外線を浴びると肌は自然にメラニン色素を産出し、皮膚の色を濃くすることでその下にある細胞を守ろうとします。このメラニンは、通常は新陳代謝によってやがて消失します。しかし紫外線の刺激があまりに強すぎたり、加齢や生活習慣の乱れによって細胞の入れ替わりがうまくいかないと、そのまま肌の表面に沈着してしまうことがあります。これがシミの正体です。なお、シミの中には肝斑という、紫外線を原因としないタイプのものもあります。肝斑は頬骨の外側や口元などにできることが多く、左右対称にあられれやすいこと、一般のシミに比べると輪郭がはっきりせずモヤモヤした形状をしていることなどの特徴を持っています。肝斑のできる原因については、今日に至るまではっきりしたことが分かっていません。ただ、30〜40歳代の女性に発症する例が非常に多いため、何らかのかたちで女性ホルモンが関係しているものと考えられています。また、ストレスとの関連を指摘する声もあります。

レーザーや光で根本解決

シミを改善するための対策としては、自宅で行うセルフケアと美容整形のプロによるケアの2種類があります。自宅で行うケアとはすなわち毎日のスキンケアということになります。美白成分を含む化粧水などを用いることで、肌の状態を改善することを目指します。ただ、言うまでもないことですがスキンケア製品は医薬品ではないため、治療効果が期待できるものではありません。あくまでも予防のため、あるいは悪化を食い止めるために行うものです。すでにできてしまったシミの根本的な解消を望むなら、やはり美容整形によるのが確実ということになります。整形とは言っても、シミ治療の場合はメスなどは使いません。身体への負担も少ないので安心して受診することができます。現在、美容整形の分野でシミ解消に用いられている代表的な治療法としては、レーザー治療があります。これは医療用のレーザーを肌に照射することで意図的に新陳代謝を促進して、新しい細胞を生み出させるというものです。なお、肝斑型のシミに対してはこれまでレーザー治療は刺激が強すぎて適さないとされていましたが、近年では技術革新により肝斑治療にも対応可能なレーザー機器が導入されています。また、今後普及が進むものと予測されている治療法としては、フォトフェイシャルがあります。これはIPLと呼ばれる特殊な光を肌に照射するもので、ソバカスや毛穴の開きなど他の肌トラブルにも同時に効果を発揮するとして人気が高まっています。