老人性色素斑は若い人にも

レーザー治療によって改善

顔の手入れ

ひとくちにシミといっても、色々な種類があります。加齢によるシミは、老人性色素斑というものです。これは目尻のあたりからほお・こめかみのところにかけてできることの多いシミです。高齢者にはよくみられるものですが、若い人であってもできることはあります。というのも、このシミが高齢者に多いのは、若いときから浴びてきた紫外線が原因となっているからです。したがって、若者であっても紫外線をよく浴びる人や、紫外線対策を行っていない人の場合はこの老人性色素斑ができやすいのです。この老人性色素斑を整形によって消したり薄くしたりするには、レーザーがもっとも適しています。最近ではレーザーにもさまざまなタイプのものがあります。美容外科では、シミの種類に合わせて最適なレーザー機器によるシミ治療を行っています。シミの中には一部レーザーの効きにくいものもありますが、そのような場合は医師があらかじめ照射テストを行い、レーザー治療を行うかそれとも別の方法をとるかを決めてくれるので心配はいりません。老人性色素斑の治療に用いられる最新式のレーザー機器は、真皮細胞や血管等をはじめとする正常な細胞は傷つけず、メラニン色素が過剰な状態となっている細胞だけを攻撃するので、安心して整形施術を受けることができます。

紫外線対策でしっかり防止

老人性色素斑は、最近では30代や40代の人にもみられるシミです。早い人では、20代でみられることもあります。これは、地球を取り巻く大気中にあるオゾンが温暖化のために破壊され、それによってできたオゾンホールという穴が原因で紫外線の量が年々増えているためと考えられています。したがって、一昔前と同じ程度の紫外線対策を続けていたのでは、若い人であっても老人性色素斑をじゅうぶんに防ぐことが難しくなっているのです。老人性色素斑が実際にできてしまってからでも、ビタミン剤などを内服することによってある程度はシミを薄くすることができます。しかし、もとのきれいな肌を取り戻したいと思うときは、やはり整形によってシミを取り除く方が確実です。とはいえできることならば、整形が必要になる前にシミ自体を防ぐことが一番よいのです。シミができたり、増えたりするのを防ぐためには、やはりなんといっても紫外線対策に力を入れる必要があります。最近は男性の間でも、日傘を用いて紫外線を防ごうという考えが少しずつ普及し始めています。ただ、日傘だけでは紫外線を完全にブロックすることはできません。紫外線は、アスファルト等の反射によって下からもやってくるからです。したがって、UVクリームなどによる防御が非常に大切といえます。