30代前後に多い肝斑には

これまでは内服治療が主体

先生

シミのうち、加齢と長年浴びてきた紫外線が原因となってできる老人性色素斑は、若いうちから紫外線対策に十分注意することによって防ぐことが可能です。しかし最近、特に30代から40代の女性たちを多く悩ませているのが、肝斑と呼ばれるシミです。このシミは目の下のほおの部分に、左右対称に広範囲にできるのが特徴です。肝臓に似ているのでこの名がついたという説もあります。老人性色素斑と違って、肝斑は年を取ってからできることはまれです。高齢になるにつれ、むしろ目立たなくなっていくといわれています。しかし多くの女性にとっては、シミが薄くなるのを高齢になるまで待てといわれても無理な相談です。そこで肝斑を薄くするためには、美容外科などでレーザーによる整形を行うという方法があります。肝斑にはトラネキサム酸という成分が有効だといわれており、この成分を含む内服薬で治療するのがこれまではほぼ唯一の方法でした。というのも、老人性色素斑の場合と異なり、レーザーによる整形では肝斑をかえって悪化させることが知られていたのです。しかし、その後レーザー機器は改良が重ねられ、現在では最新のレーザー機器によって整形による肝斑の治療が可能になりました。

最新機器で肝斑も治療可能

肝斑の治療に用いられるレーザー機器は、改良によりシミの周囲に炎症を起こすことなく効果的に肝斑の治療ができるというものです。旧タイプのレーザー機器は、機械から照射されるレーザーの中心部は非常に威力が強く、中心から外に向かうにつれて弱くなるというものでした。このタイプを使った整形だと、真ん中のレーザーが当たるところは威力が強すぎるため、炎症の危険がありました。老人性色素斑のようなシミには有効なのですが、肝斑にレーザーを使うとむしろシミの色を濃くしてしまうとされていたのです。しかし現在、肝斑の治療に使われているレーザー機器は、強度にムラが出ることなくシミ全体にまんべんなくレーザー照射をすることができるようになっています。このようにしてレーザーを照射すると肌の新陳代謝が促進され、できてしまった肝斑をしだいに薄くしていくことができるのです。もちろん、肝斑以外のタイプのシミにも使うことができます。ただこの方法と機械はごく新しいものなので、すべての美容外科や美容皮膚科で導入されている整形法ではありません。クリニックによっては、肝斑は内服薬によってしか治療できないというところもあります。そのため、この新しいレーザーによるシミの整形施術ができるクリニックは、特に人気を呼んでいます。